TOP > 会報 > 京土会会報表紙絵ギャラリー > 第56号

京土会表紙絵ギャラリー

<<< 第56号 2018年 >>>第55号

平成4年卒 山田 忠史
「秋の琵琶湖疎水」

 琵琶湖疎水通船が,今年3月に約70年ぶりに復活しました.写真は,船上からの琵琶湖疎水の風景であり,昨年11月に大津〜蹴上間を試乗したときに撮影したものです.
 琵琶湖疎水は,第一疎水が,明治23(1890)年に完成しました.東京遷都で衰退しつつある京都の復興を目指して,水運や動力源などの多目的に建設され,年間の国家予算に匹敵する巨額の費用が投入され,完成に約5年という歳月が費やされました.
 水上から琵琶湖疎水を眺めると,100年以上も前の事業であることに,あらためて驚きますが,それ以上に,田邊朔郎先生をはじめとする,この事業に心血を注がれた土木技術者の心意気と,疎水整備を現実のものへと導いた行政や市民の勇気に,感嘆せざるをえません.インフラストラクチャーが都市を支えるということが,軽視されつつある昨今において,無言で凜としてその重要性を物語る疎水の姿に,畏敬の念を抱きます.


クリックで画像拡大


BACK