TOP > 会報 > 京土会会報表紙絵ギャラリー > 第39号

京土会表紙絵ギャラリー

第40号<<< 第39号 2001年 >>>第38号

昭和53年卒 佛原 肇 「帝釈川ダム」

 帝釈川ダム(大正13年完成)は、広島県北東部を流れる高梁川水系帝釈川の中流部にあるわが国で最も古いコンクリートハイダムのひとつです。
 帝釈川ダム・発電所は速見太郎氏という関西の実業家によって建設されました。
当時は、全国各地に数百の電力会社があり群雄割拠の様相を呈していました。
速水氏はベンチャーとしてこの事業に取り組み、情熱を注ぎました。
工事中はもちろん、完成後も更なる改造計画のために足繁く現場に通い、ついにはこの地で倒れ亡くなったそうです。
市の名前は、今も湖岸の速水神社や、ダム直下流にある太郎岩として残されています。
 また、調査・建設・工事の主任技術者としては、京土会の大先輩である石沢寛志氏(明治39年卒業)があたられ、ダム技術書もない当時、渡米して研究をされるなど大変苦労をされたようです。
 現在、私達はこの地点で再開発計画を進めていますが、車両によるアクセスが今もできないダム地点での工事計画に頭を悩ませるとき、建設機械の不十分な当時の先人のご苦労を思い頭が下がります。
 ダム地点は両岸が石灰岩の絶壁からなる河川の狭隘部にあり、ダム高62mに対してダム頂長が35mしかない類例のない形となっています。
このため、この絵の構図も縦長とならざるを得ず、横長のご指令のあった京土会事務局にご迷惑をおかけすることになりました。
 最後に、「下手でも、かまへんよ。」と表紙絵の機会を与えていただいた、河川工学研究室の細田先生にお礼を申し上げます。

クリックで画像拡大


BACK